競馬やオンラインカジノでギャンブルを楽しもう

カテゴリ

ニューエントリー

GAMBLE THE THEORY

起源

kigen

ギャンブルは、人を熱狂させる魅力を持っています。ギャンブルの起源ははるか古代にまでさかのぼると言われています。実際に、エジプトで発見された古代の絵や陶器の中には、人々や神々がダイスを振っている様子が描かれたものがあるのです。ギリシャでも、紀元前750年頃に活躍した詩人のホメロスが、当時のギリシャ人がギャンブルに興じていた様子を詩に書き記しています。
これらの史実より、ギャンブルすなわち賭け事は、常に人類の文明とともにあったと考えることができます。

ギャンブルの起源は、占いだったという説があります。
科学技術が発達する以前、人々に降りかかる自然災害などは神の祟りだと考えられていました。日本でも、卑弥呼に代表される為政者は占いによって己の力を証明し、あがめられたと言われています。同様に、神の意思を確認する普段として占いが用いられ、ギャンブルへと発展したと考えられています。

公営

ギャンブルは、参加者同士が現金や物を賭けて、勝った物がルールに基づく配分で利益を獲得できるというものです。
ギャンブルは、上手く行けば一攫千金のチャンスになると同時に、たくさんの財を失う原因ともなりえます。そのため、国や地域によっては規制の対象となっています。
日本では、競馬・競艇・競輪・オートレースなどが公営ギャンブルとして認められています。競馬は競馬法、モーターボートは競争法、競輪は自転車競技法、オートレースは小型自動車競争法というように、それぞれの法律によって定められています。
なお、パチンコにもギャンブルの要素があります。パチンコ店の営業については、風俗営業法の適用範囲内となっています。

日本の公営ギャンブルの仕組みは第二次大戦後に確立し、地方財政復興の重要な財源となりました。ギャンブルは人を熱中させる娯楽としての価値だけでなく、大きな経済効果をもたらす価値があるのです。

カジノ

casino

ギャンブルの中でも、カジノは特に大きな収益をもたらすものと考えられています。ただし、日本の法律ではカジノは認められていません。G7と呼ばれる先進七カ国、すなわちアメリカ・フランス・イギリス・イタリア・ドイツ・カナダ・日本のうち、カジノを有していないのは日本のみです。

ラスベガスは、カジノの町として世界的に有名です。ラスベガスがあるネバダ州でカジノが合法化されたのは、1931年のことでした。その後、ラスベガス屈指の高級ホテルであるフラミンゴホテルがオープンした1946年から、ラスベガスのカジノが本格的に運営され始めたと言われています。
ネバダ州では、カジノを始めとするギャンブルビジネスによる収入が、州全体の収益の約3分の1を占めています。


新着記事

rekishi

歴史

競馬は、日本で法的に認められているギャンブルの一つです。合法的に賭け事を楽しめる娯楽として、日本全国…続きを読む

rekishi

歴史

競馬は、日本で法的に認められているギャンブルの一つです。合法的に賭け事…続きを読む

net

インターネット

かつては、カジノを楽しむためには専用のカジノ施設に行かなくてはなりませ…続きを読む

スロット

スロット

スロットとは、コインを投入してレバーを引く(ボタンを押す)ことでリール…続きを読む